Press Release 28 9 2016

2016年9月28日 – アイルランド共和国ドロヘダ (抄訳) – フィンテック大手の米国企業ヤップストーン社は、アイルランドのドロヘダにある1万6000平方フィートの新規事務所に国際統括本部を開設したと発表しました。


過去3年間で米国内および世界規模で大幅成長を遂げたヤップストーン社は、2016年中に処理する電子決済が150億ドルを超えると予想しています。同社は米国とアイルランドにおいて正社員ほぼ400人を雇用し、国際的拡大の継続に向け準備を進めています。

ヤップストーン社のドロヘダオフィスは国際統括本部の役割を果たし、開発、製品、営業、顧客サービス、リスク運用から拠点セキュリティ、信頼性まで全範囲のサービス提供を行います。来年、同社はドロヘダオフィスで40~50人を新規に雇用する見通しです。


YapStoneについて

YapStoneは、グローバル市場と大きなバーティカル・マーケットのためのオンラインおよびモバイル決済ソリューションの世界的プロバイダーです。YapStoneは、HomeAway®やVRBO®をはじめ、数千におよぶマンション・貸し別荘業者、住宅所有者組合、貸し倉庫業者、ホスピタリティ施設、非営利団体などのシェアリングエコノミー市場向けに電子決済を提供しています。

YapStoneの年間取引額は$150億ドル、Inc.社による、米国で急成長している株式非公開企業ランキング「Inc. 5000」リストに9年連続掲載され、Forbes 誌で 「America's Most Promising Companies (米国最有望未上場企業)」に2013年と2015年に選ばれています。YapStoneはAccel Partners、Meritech Capital、Bregal Sagemountなどから1億1000万ドルの出資を受けています。

本社は米国サンフランシスコのベイエリアにあり、カリフォルニア州サンタモニカ、アイルランド国ドロヘダにオフィスがあります。

詳細はhttp://www.yapstone.com/ をご覧ください。

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先

Cookie Notification

We use necessary cookies to run our website. We also use cookies for analytical and advertising purposes. More information on what cookies we use can be found here. To consent to the use of ALL cookies click “I Accept”. You may visit Cookies Preference to manage which cookies we may use.

Go to Privacy Centre