Press Release 01 2 2019

Meissner Filtration Productsは本日、製造事業拡張の一環としてアイルランドのメイヨー県に工場を設立、今後5年間で150人あまりを雇用すると発表しました。

2020年第1四半期の操業開始に向け、Meissner社はアイルランド政府産業開発庁がカスルバーに建設したばかりの3万4000平方フィート(約3160平方メートル)のAdvanced Technology Buildingを活用して工場床面積を10万平方フィート(約9300平方メートル)に拡張する予定です。工場床面積を3倍以上に増やせるように、すでに隣接地も購入しています。現存の建物には最新鋭のクリーンルームを設置、バイオ医薬品や医薬品顧客基盤用のシングルユースシステム(SUS)の製造に利用します。

本事業はアイルランド政府がアイルランド政府産業開発庁を通じて支援します。

Meissner社CEOクリストファー・マイスナー氏は次のように述べています。「この10年で当社SUSのポートフォリオが大幅に拡大し、顧客需要を上回る製造能力の確保が極めて重要になりました。また、お客様に密着したモノづくりの価値を強く認識し、製造拠点の地理的分散を図っています。広範囲にわたる調査の結果、当社初の欧州工場開設にアイルランドが理想の立地だと判断しました」

アイルランド政府産業開発庁メアリー・バックリー専務理事は次のように述べています。「本事業はカスルバー、メイヨーおよび西部地方への大規模投資事業で、地域経済に多大な利益と相当数の雇用をもたらします。Meissner社のようなグローバル企業が、カスルバーのライフサイエンス・クラスターおよび我が国のサプライヤー基盤に加わることを歓迎しています。この投資は、現在の投資と新規投資の両方を維持し、引きつける上で重要な考慮事項となります。アイルランド政府産業開発庁が対内直接投資誘致のための提案価値強化に向けAdvance Technologyビルやオフィスビルを地方に建設してきた価値が実証されたといえるでしょう。当庁では今後も西部地域をはじめ地方への投資獲得に努めてまいります。Meissnerはメイヨーで当庁が支援する17番目の重要多国籍企業となりますが、同地域ではおよそ5000人の方が多国籍企業に勤務しています。CEOはじめMeissner社の皆様のご成功を祈ります」

現在、Meissner社は米国カリフォルニア州カマリロに製造キャンパス、ドイツのフランクフルト郊外に欧州の物流拠点、世界中に複数の販売およびサポートオフィスを持っています。アイルランドのカスルバーに設立した施設は、ヨーロッパ初の製造施設です。施設での初期作業には、SUS製造、品質・規制、エンジニアリング、顧客サービスが含まれます。

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先