Press Release 29 9 2016

2016年9月29日 – アイルランド共和国ゴールウェイ (抄訳)– 本日、サハジャナンド・メディカルテクノロジー(SMT)社が最新鋭の研究開発技術革新センターを持つ欧州統括本部をゴールウェイに設立し、今後5年間で50人の雇用を創出すると発表しました。

SMTは、インド最大の低侵襲冠状動脈ステントシステムの開発製造企業で、欧州、アジア、中東・北アフリカおよびラテンアメリカの60か国あまりに製品を供給し、400人以上の従業員を抱えます。SMT社は、長期的な症状改善をもたらすDES(薬剤溶出型ステント)の極細化、柔軟性強化に導いた画期的な技術革新と品質により数々の賞を受賞しています。

SMTは、生分解性ポリマーDESでCE認定を受けた世界初の企業で、業界の新たなトレンドを確立しました。同社はまた極細(60µ)ストラットのDESにより世界で初めてCE認定を取得、また世界で初めてステントの柔軟性と耐久性向上に混合生分解性ポリマーを導入しています。

詳しくはhttp://smtpl.com/ をご覧ください。

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先