Press Release 01 11 2020

アイルランド政府産業開発庁は、マイクロソフトとリンクトインとの提携の下、産学・公共政策の意思決定者にアイルランド労働市場の情報提供を行う新たなインフォグラフィック「Labour Market Pulse」を開発しました。このインフォグラフィックは新たな就業機会を検討中の個人にも、現時点で最も需要の大きい職種や技能について情報を提供します。

労働市場は今年大打撃を受けましたが、レベル5規制の再実施により当面この状況は継続することが見込まれます。このプロジェクトは、グローバル規模の経済や技能の需給の激変期に、政策決定者が景気回復に向けて良好な計画立案ができるよう支援する手段を提供します。これは、マイクロソフトが6月に発表したグローバルスキル構想を受けての展開で、この構想の中でマイクロソフトは年末までに2500万人に下記の手段を通じた新たなデジタルスキルの習得を支援します。

  • リンクトインのデータから得られる需要がある職種とこれを満たすために必要なスキルの特定
  • リンクトインが提供するスキルアップ支援の学習ツールへの無料アクセスの提供
  • 新たなデジタルスキル取得者の雇用市場へのアクセスを手助けする低コストの認定と無償の求職活動ツールの提供

最初のインフォグラフィックは本日公開され、以後四半期毎に更新されます。Labour Market Pulseは、リンクトインのアイルランド国内会員200万人のリアルタイムの洞察と、アイルランド政府産業開発庁およびCSOの公開情報を組み合わせたものです。立ち上げ時点のインフォグラフィックでは、コロナ禍がアイルランドの雇用にどのような影響を及ぼしているか、採用中の企業で最も求められるスキル、コロナ封じ込め策の絶頂期でも拡張した企業や部門、年半ばで在宅勤務によりどれほど事業の継続性が支えられたかに関して最新の洞察を提供しています。

レオ・バラッカー副首相兼企業・貿易・雇用担当大臣は次のように述べました。 「IDAがリンクトインとマイクロソフトと共同開発したこの新たなツールは、リンクトインを使って人事採用をしている企業がコロナ禍の渦中でもどのように成功し、どのようなスキルを求めているか、さらにその他の新たな傾向に関しても重要な洞察を提供します。2020年は依然として多くの人にとって非常に厳しい年になりますが、将来計画を立てるうえで役に立つものは何でも歓迎します。彼らが提供してくれる今後の報告や洞察に期待しています」

 

リンクトインのアイルランド担当責任者シャロン・マックーイ氏も次のように付け加えました。 「アイルランドの会員数は200万人を超えるため、リンクトインでは労働市場で何が起こっているかを俯瞰することができます。こうした洞察を活用すれば、景気後退にも拘らず雇用を継続している部門や、このような産業で働くのに必要なスキルを指摘することもできます。転職のお手伝いに一役買えることに気づいたため、リンクトインはマイクロソフトと共に学習や雇用適正ツールを無償提供しているのです」 

インフォグラフィックはこちらでご覧いただけます。https://www.idaireland.com/newsroom/publications/labour-market-pulse


 

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先