Press Release 30 7 2019

昨年10月に発表された総面積1万3000平方メートルの新工場は、MSDカーロウ工場の隣接地に建設され、ワクチンとバイオ医薬品の製造に注力します。2022年に操業開始予定で、操業後正社員170人と契約社員100人を雇用します。建設工程では職人約700人が雇用される予定です。  

MSD社はカーロウですでに400人以上を雇用しており、MSD製品ポートフォリオの複数のワクチンやバイオ医薬品の製造に携わっています。既存工場は2008年にMSDの米国外初のワクチン工場として開設されました。

建築許可申請によると、シリンジ充填・検査室とバイアル充填室の製造設備、補助的クリーン施設で構成される新製造棟に加え、拠点内倉庫が拡充されます。

起工式で挨拶したMSD社グローバル製造部門担当プレジデントのサナート・チャットパディアイ氏は次のように述べています。「MSDの医薬品とワクチンのグローバル需要の高まりにより、製造・供給能力の拡張に多大な投資をしています。カーロウの既存工場用地における第2工場の建設は、この投資の一環です。カーロウへの追加投資が決定されたことは、カーロウの現行部隊、ひいてはMSDアイルランド従業員基盤の人材が優れている証です。この度の新規投資でMSDのアイルランドへのコミットを強化し、当社の50年余りに及ぶ遺産をさらに強固にします。アイルランドは長きにわたりMSDを温かく迎え支援し続けてくれました。今後も末永くここでの事業を継続したいと願っています」

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は、次のように述べています。「MSDの拡張計画が始動したと聞き喜ばしく受け止めています。これは同社がグローバル規模で製品需要に対応するうえで重要な布石です。大手医療企業による大型投資であり、カーロウの拠点、ひいては南東部への重大なコミットを示すものです。MSDはアイルランドにおいて大切な雇用主であり、経済に多大な貢献をしています。同社の益々の成功を祈念します」

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先