Press Release 24 9 2018

マイケル・ダーシー金融サービス担当特務大臣は、第4回欧州金融フォーラムの暫定講演者リストとテーマを正式発表しました。

このイベントはこれまでの成功を基盤に2019年2月13日ダブリン城で開催され、レオ・バラッカー首相が開会の辞を述べます。

フランスの資産運用会社TOBAMのダンレアリー新事務所開設式の席上で挨拶に立ったダーシー大臣は次のように述べました。

「欧州金融フォーラムはIFS2020戦略の成功の一つに挙げられ、2016年の開始以来力をつけてきました。金融サービス業界と公共部門にとって、金融サービス関係者全員が直面する複雑な課題やチャンスを討議できる年中行事の目玉となりました」

欧州、米国、アジアのマクロ経済見通しに関する将来を見越した協議に加え、フォーラムでは金融の持続可能、フィンテックとデジタル化への継続影響、市場インフラや資産運用の将来に関する討議を予定しています。

ダーシー大臣は次のように述べています。「欧州金融フォーラムの成功は主に上質な講演者の皆様のお陰であり、この開かれた討議が、英国EU離脱による金融サービス全体への影響の実態を感じ始める2019年にも継続することを期待しています。本フォーラムは、変化が激しく競争の厳しいグローバル業界で専門金融サービスが好む立地としてアイルランドが実力を見せられる最高の舞台です」

現時点でのメインスピーカーには、アトランタ連邦準備銀行総裁ラファエル・ボスティック氏、ステートストリート次期CEOロナルド・オハンリー氏、バンクオブアメリカ・メリルリンチ副会長アン・フィヌケーン氏、アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官、アイルランド中央銀行フィリップ・レーン総裁、財務省パスカル・ドノホー大臣の名が挙がっています。

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先