Press Release 22 10 2018

30人の新規雇用でゴールウェイの既存のマザー社の規模を倍増

監査、税務、会計アドバイザリー大手のマザー社は、ゴールウェイの新事務所を正式開所し、今後3年で最大30人の雇用を創出して事務所人員を現在の30人から60人に倍増すると発表しました。新規募集のうち20人はゴールウェイに最近設立したばかりの会計アウトソーシング業務に充てるほか、残り10人は同じく新事務所内で監査、税務、会計アドバイザリー職に充てます。

国際業務を中心とした新設の会計アウトソーシングサービスセンターは、ダブリンに拠点を置く同社の既存のアウトソーシング業務部門を足がかりに、様々な企業にサービスを提供します。ゴールウェイを拠点とする新部門は、アイルランド西部沿岸で同社の総合的能力やサービスの幅を拡張します。

この発表を歓迎して、雇用産業技術省ヘザー・ハンフリーズ大臣は次のように述べています。「マザーのゴールウェイ新事務所開所をうれしく思います。マザーは世界有数の会計事務所で、同社の西部地域でのプレゼンスを高めることができ、嬉しく思います。アイルランドは今やプロフェッショナルサービスの世界的リーダーで、この部門の一流企業の多くが拠点を置いています。この度の発表はさらに地域雇用行動計画に基づいて地方での質の高い雇用創出推進に適切な条件を整えるとの政府の公約の成功例でもあります」

マザー社マネージングパートナーのマーク・ケネディ氏は次のようにコメントしています。「マザー・アイルランドは急成長中の専門サービス企業であり、ゴールウェイ事業の拡充は私たちの取り組みと提供するサービス内容の証です。今年、当社のリムリック事業の継続成長も発表しましたが、ゴールウェイ事務所も同様の成功を達成できて喜んでいます」

この発表を受けて、アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は次のように述べています。「グローバル規模のクライアントにサービスを提供するためにゴールウェイの敷地面積を拡大するとのマザーの発表を大いに歓迎します。同社は西部地域で活況を呈する業務エコシステムに新しい大きな存在となります」

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先