Press Release 19 9 2016

アイルランド共和国ダブリン、2016年9月19日(月) (抄訳)– 特殊医薬製品大手のマリンクロット社(NYSE: MNK)は本日、ダブリン、ブランチャーズタウンにあるカレッジ・ビジネス&テクノロジーパークに新規事務所を正式開所し、当地に1000万ユーロ規模の最新式研究開発(R&D)施設を創設すると発表しました。このR&D施設は、同社のグローバル機器エンジニアリング機能を置き、40人以上の新規雇用をもたらし、2017年までの新規雇用者数を120人に引き上げます。マリンクロット社による同拠点への総投資額は8500万ユーロへと増額されました。

マリンクロット社のアイルランドでの創業歴は長く、20年以上に及びます。

 

マリンクロット社について

マリンクロットは、特殊医薬製品と医療用画像造影剤の開発、製造、販売、流通を行う、特殊バイオ医薬品と医療用画像のグローバル企業です。マリンクロットが重点を置いているのは、神経学、リウマチ学、腎臓病学、肺臓学など、自己免疫と奇病の専門領域用の治療薬剤;新生児救命救急治療呼吸療法;開業医および病院勤務の医師向け処方用の鎮痛薬と中枢神経系薬剤です。同社の中核となる強みは、高度に規制した原材料を購入・管理していること、法規制の深い専門知識、そして化学、製剤、製造の専門的機能です。同社の特殊ブランドのセグメントにはブランド医薬品があり、特殊ジェネリック品セグメントには特殊ジェネリック薬品、原薬、外部生産があります。そしてグローバル医療画像セグメントには、造影剤と放射性映像造影剤が含まれます。マリンクロットについての詳細はhttp://www.mallinckrodt.com/ をご覧ください。

 

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先

Cookie Notification

We use necessary cookies to run our website. We also use cookies for analytical and advertising purposes. More information on what cookies we use can be found here. To consent to the use of ALL cookies click “I Accept”. You may visit Cookies Preference to manage which cookies we may use.

Go to Privacy Centre