Press Release 14 9 2016

アイルランド政府産業開発庁は、本日、サイバーセキュリティのグローバル企業、カスペルスキー・ラボが、アイルランド共和国ダブリンに欧州初となる研究開発(R&D)センターを開設したと発表しました。高技能のIT人材プールや革新的ハイテク企業の堅固なネットワークへのアクセスを提供する欧州の主要技術拠点としての評価が高まっていることを背景に、ダブリンが欧州初のR&D の立地として選ばれました。

カスペルスキー・ラボは、500万ドル(約5億円)に近い初期投資により、今後3年間でダブリンを拠点とする50人の新規雇用創出を計画しています。

当センターは、主に同社のエンタープライズソリューション向けデータ解析技術と機械学習技術の開発に重点的に取り組み、標的型攻撃や調査を中心としたカスペルスキー・ラボの新規ソリューションの中核を担います。

カスペルスキー・ラボ社最高技術責任者(CTO)ニキータ・シュベツォフ氏は、次のように述べました。「ダブリンは当社初の欧州研究開発拠点として疑う余地のない選択でした。技術人材の質の高さと密度の濃さ、そして、活気的で魅力的な生活環境があるためです。特に、ダブリンが欧州のシリコンバレーとして認知されつつある今、ダブリンに事務所を設置することで、他の国際的IT企業との協業を拡大する機会が得られます」

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は、次のように述べました。「アイルランドはサイバー犯罪との戦いに専心する企業にとって、優れた立地です。本部門のセキュリティソフトウェア企業の世界上位5社が我が国に拠点を置いています。業界リーダーと研究所の『協業の風土』により、アイルランドは世界トップクラスのサイバーセキュリティの実務と技術革新拠点として発展しつつあります」

カスペルスキー・ラボは、サイバー脅威の防止、非常に複雑な攻撃の検出、インシデント対応、そして脅威をめぐる状況の変化の予測に役立つ包括的なエンタープライズプラットフォームで大規模組織のあらゆるITセキュリティニーズに応えています。今後も同社はエンタープライズソリューションを強化し、セキュリティインテリジェンス、技術、サービスで非常に複雑な脅威に対応し続けます。これらの計画実施に向けてカスペルスキー・ラボは人員を増強中で、2016年には世界中で研究開発を中心に400人の追加雇用を創出しています。

カスペルスキー・ラボについて

カスペルスキー・ラボは1997年創設のサイバーセキュリティのグローバル企業。同社の脅威インテリジェンスとセキュリティに関する深い専門知識は、常時セキュリティソリューションやサービスに姿を変え、世界中の企業、重要な経済基盤、政府、消費者を保護しています。同社の包括的セキュリティポートフォリオには、主力であるエンドポイント保護をはじめ、進化を続ける複雑なデジタル脅威と戦う数々の専用セキュリティソリューションやサービスがあります。カスペルスキー・ラボの技術は4億人を超えるユーザーを保護し、27万の法人が貴重な資産を保護するのに役立っています。


アイルランド政府産業開発庁について

アイルランド政府産業開発庁(IDA Ireland)はアイルランドの産業開発、海外からの直接投資等を推進する目的で設立された政府機関です。日本事務所では、過去40年間にわたり、欧州への進出を検討されている日本企業向けに、立地や人材、税制、優遇措置など各種最新情報の提供のほか、現地視察、進出計画の立案から進出後のサポートまで幅広い支援を行っています。過去のプレスリリースについては、http://www.idaireland.jp/newsroom/ をご覧ください。


投資に関するお問い合わせ

アイルランド政府産業開発庁 日本事務所
代表 デレク フィッツジェラルド
東京都千代田区麹町2-10-7 アイルランドハウス2階
E-mail: idatokyo@ida.ie
ウェブサイト: www.idaireland.jp /Twitter: @IDA_TOKYO


プレスリリースに関するお問合せ

アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口
株式会社トークス  森田、鈴木
東京都千代田区九段南4-8-8 日本YWCA会館5F
Tel: 03-3261-7715 FAX: 03-3261-7174  E-mail: ida-ireland@pr-tocs.co.jp

 

 

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先