Press Release 07 10 2019

アイルランド、コーク県リンガスキディ – 2019年10月7日 – ジョンソンエンドジョンソングループの一翼であるヤンセンサイエンス・アイルランド(Janssen Sciences Ireland)社は、本日、コーク県リンガスキディで新工場棟を公式開所しました。同社は2005年以来リンガスキディの40ヘクタールの敷地内でバイオ医薬品サプライチェーン工場を操業しています。 

バイオ製造拠点のこの度の拡張により、同社の製造設備は1万9100平方メートル増床され、200人の正規雇用を新たに創出します。2年にわたる建設事業ではおよそ450人が雇用されました。 

同工場公式開所式に参列したサイモン・コヴェニー副首相は次のように述べました。「アイルランドと世界の患者への継続的なコミットを示すヤンセンの新工場棟正式開所式に参列でき、嬉しく思います。ライフサイエンス業界は雇用と輸出面で国内経済に多大な貢献をしています。2018年だけでもアイルランドの総輸出額の33%が医薬品・医療製品で、ジョンソンエンドジョンソンは最大級の単独輸出業者でした。最後にこの度の胸躍る工場拡張を完了したアイルランド支社の皆様にお祝いの言葉を述べ、今後のますますのご発展を祈念いたします」 

ジョンソンエンドジョンソン社エグゼクティブバイスプレジデント兼グローバルサプライチェーン最高責任者キャシー・ウェンゲル氏は、次のように述べています。「当社のコーク工場は医療ソリューション提供の先端にあり、患者に最高品質の製品を提供するとの当社信条の重要な役割を担っています。リンガスキティ工場は当社グローバル製造ネットワークに重要な一環をなし、ここでの製造能力拡張により世界で最も深刻で複雑な疾患の治療、予防、進行阻止、治癒の最前線に当社が立つことを可能にする医薬品製造方法を前進させる革新的なソリューションの追求ができます」

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は、次のように述べています。「ジョンソンエンドジョンソンはアイルランドでも最大級のライフサイエンス・R&D投資企業であり、コークで成功を収めるバイオ医薬品セクターの一翼を成しています。リンガスキディでの製造能力拡張へのヤンセンの多額投資が南西部にもたらす経済効果は相当なものとなります。アイルランド政府産業開発庁を代表してコーク県のライフサイエンスの中心地に新たな最新製造棟を開所したヤンセンの皆様にお祝いを申し上げます」

 

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先