Press Release 09 7 2019

アイルランドで長年事業を行う医療技術産業のグローバルリーダー、ボストン・サイエンティフィックとストライカーの2社がこのほど現地の事業拡大へ向けて新規投資を発表しました。医療技術のグローバルリーダーであるもう1社、ベクトン・ディッキンソン(BD)社もダブリン・ダンレアリー工場での生産50周年の祝賀イベントを開催しました。

ボストン・サイエンティフィック社は、アイルランド西部の都市ゴールウェイに、最先端の「設備技術センター」を含む、製品開発と顧客サポートを行うための施設をオープンしました。新しい施設には250人が配置されます。6000万ユーロ(約72億8000万円)をかけた今回の設備拡張の投資は、同社がゴールウェイに進出して25周年の記念事業の一環として行われました。同社はゴールウェイだけで3,700人以上を雇用しており、クロンメルとコークを入れるとアイルランド全体で5,700人を雇用しています。

ボストン・サイエンティフィック社のマイク・マホニー会長兼最高経営責任者(CEO)は開所式で「高い技能を持ったゴールウェイの労働者は、革新的な医療ソリューションの開発に大きく貢献し、ゴールウェイ工場は、インターベンショナル・カーディオロジーやエンドスコピー、ペリフェラル・インターベンションなどの分野の製品で重要な役割を果たしています」と述べました。

一方、ストライカー社は、アイルランド南部の都市コークの3つの研究施設で、医療外科、整形外科、ニューロテクノロジー、脊椎に関する次世代製品およびサービスの研究開発・イノベーション(RD&I)を推進するために2億ユーロ(約243億円)を投資します。同研究施設では、脊椎や人工関節、頭蓋顔面形成の3分野向けに、3Dプリンターのような積層造形法による製品の開発、脳卒中治療のための製品開発を行う神経血管事業、外科手術全般に関する革新的外科手術器具の設計・開発と製品化をおこないます。

同社はアイルランドで20年以上事業を行っており、6施設で併せて、3,500人を雇用しています。ストライカー社のスペンサー・スタイルズ氏は、「アイルランドにおける弊社の成長と投資は、IDAによるRD&Iの支援や、アイルランドの優秀な大学や研究所との長年の協力関係に負うところが大きい」と語りました。

 

ベクトン・ディッキンソン社は、ダンレアリー工場での生産開始の50周年祝賀イベントを開催しました。 同社はアイルランドのダンレアリー、ドロヘダ、リムリックの3施設で1,300人を雇用しており、その内、1969年に生産を開始したダンレアリー工場では420人以上が働いています。同工場では、年間50億本以上のペンニードル(インスリン注射針)を生産しており、同社のグローバルペンニードル事業の中心となっています。

アイルランド政府産業開発庁日本代表 デレク・フィッツジェラルドは次のように述べています。「今回の3社の発表は、アイルランドの医療技術分野が引き続き強い成長を遂げていることを示す好ましい兆候です。今年はすでにジョンソン・エンド・ジョンソンとボシュロムの2社から同様の発表がありました。 高い技術を持つ製造業、最適化されたサプライチェーン、最先端のイノベーションが、製造会社がアイルランドを選択しアイルランドからグローバルビジネスを発展させる理由の一環となっています。」 

Boston Scientific について
ボストン・サイエンティフィック社は、1979年に設立。本社は米国マサチューセッツ州。世界で32,000人を雇用する。ゴールウェイ進出25周年の今年は、本社設立40周年を迎える。毎年3,000万人の患者に影響を与える医療器具を開発している医療技術産業のグローバルリーダーである。

Stryker について
1941年設立。医療技術のグローバルリーダーとして、整形外科、医療・手術用機器、ニューロテクノロジー、脊柱関連製品など幅広い分野で革新的な製品とサービスを提供。本社は米国ミシガン州のカラマズー市。全世界で約33,000人を雇用。アイルランド国内では6地域において3,500人以上を雇用している。2018年にアイルランド進出20周年を迎えた。

Becton, Dickinson and Company(BD)について 
BDとして知られる医療技術のグローバルリーダー。1897年ニューヨークに設立。現在、統合本社はニュージャージー州フランクリンレイクス。全世界の社員数は65,000人。広範で多様な医療機器、用具、および診断システムを販売。真空採血管やインスリン注射器、ヒト白血球細胞群を自動で分離解析するフローサイトメトリーシステムでは世界トップシェアを誇っている。

 

■アイルランド政府産業開発庁 (IDA Ireland) について
アイルランド政府産業開発庁は、アイルランドの産業開発、海外からの直接投資等を推進する目的で設立された政府機関です。日本事務所では、過去40年間にわたり、欧州への進出を検討されている日本企業向けに、立地や人材、税制、優遇措置など各種最新情報の提供のほか、現地視察、進出計画の立案から進出後のサポートまで幅広い支援を行っています。
過去のプレスリリースは、https://www.idaireland.jp/newsroom/ をご覧ください。

投資に関するお問い合わせ
アイルランド政府産業開発庁 日本事務所 
代表 デレク・フィッツジェラルド
東京都千代田区麹町2-10-7 アイルランドハウス2階
E-mail: idatokyo@ida.ie    ウェブサイト: https://www.idaireland.jp /Twitter: @IDA_TOKYO

プレスリリースに関するお問合せ
アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口 
株式会社トークス  宮谷、加藤
東京都千代田区九段南4-8-8 日本YWCA会館5F
Tel: 03-3261-7715 FAX: 03-3261-7174  E-mail: ida-ireland@pr-tocs.co.jp

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先

Cookie Notification

We use necessary cookies to run our website. We also use cookies for analytical and advertising purposes. More information on what cookies we use can be found here. To consent to the use of ALL cookies click “I Accept”. You may visit Cookies Preference to manage which cookies we may use.

Go to Privacy Centre