Press Release 18 9 2018

証券金融取引および、ポストトレード、市場データと決済サービスの大手プロバイダーであるエクイレンド社は、英国EU離脱後の欧州クライアントへのサービス提供に向けダブリン事務所を開設したことを発表しました。

エクイレンド社の新規事務所所在地(South Point, Harmony Row, Dublin, D2)は同社のアイルランド法人EquiLend Limitedの本社所在地となります。

アイルランドを基盤とした事業体の立ち上げにより、エクイレンド社は欧州連合で取引を行うクライアントに英国の欧州離脱後もトレーディングプラットフォームを提供し続けることが可能になります。エクイレンド社は英国のFCA(金融行為監視機構)によりMTF(多角的取引期間)として登録されており、現在アイルランドでのMTFステータス取得にむけて中央銀行の承認を待っています。

エクイレンド社は英国市場においても引き続きサービスを提供します。英国を基盤とした活動に向けて、既存のカナリーワーフ事務所と英国でのMTFステータスを維持します。

エクイレンド社専務社長のローレン・マーシャル氏は次のように述べています。「慎重に検討した結果、ダブリンがエクイレンドのEUベースの新事業体に最適の立地だと決断しました。ビジネスのしやすさ、フィンテックへの取り組み、優れたハイテクセンターとしての評判、EUの一員であること、人材ネットワークのすべてから、ダブリンをエクイレンドのEU事業拠点に選択しました」

本事業は、アイルランド政府がアイルランド政府産業開発庁を通じて支援します。

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は、「エクイレンド社の顧客である国際金融サービス部門の主要なグローバルプレイヤーの多くも、アイルランドに大きな拠点を置いています。エクイレンド社がダブリンを欧州顧客基盤のサービス拠点に決めたことを大いに歓迎します。同社のダブリン事務所開設は国際金融サービス企業にとってアイルランドが魅力的であることを大いに示しています」と述べています。

この新規拠点によりエクイレンド社の事務所総数は6拠点となり、世界中のクライアントに現地でのサポート、プラットフォームトレーニング、現地に基づいた専門知識を提供できるようになります。エクイレンド社はニューヨークシティ(ダウンタウンとミッドタウン)、トロント、ホンコン、ロンドンにもすでに事務所を展開しています。

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先