Press Release 13 9 2019

2019年9月13日、ウォーターフォード - 金融、健康、旅行に関する幅広いグローバル規模の出版物にカスタマーケアと販売支援を提供するEmerald Contact Centreは、3年間で200人の追加雇用を行うと発表しました。本発表は、ウォ―ターフォード県ウォ―ターフォード ビジネスパークのコンフェデレーションハウス内にある同社新規事務所開所式で行われました。

Emerald Contact Centreは現在140人を雇用しており、本発表によれば2021年までに全従業員数は340人になります。

追加雇用200人の職種には、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語、英語など、国際語でのオペレーターによるカスタマーサポート職も含まれます。

 Emerald Contact Centre取締役のエマー・プレンダガスト氏は、新装したコンフェデレーションハウスのテープカット式で次のように述べました。「コンフェデレーションハウスの新規事務所に大変満足しています。従業員に明るく元気の出る職場環境を提供できます。全社規模での感動的な新しい章の始まりです」

2015年に創業されたEmerald Contact Centreは、2019年末までに様々な職種で50名の採用を完了する予定です。

「過去数年間で我々が着実に成長し、当初予測の50~70人規模への拡大を上回り、本日200人の追加雇用を発表できたことは、ここ南東部で発掘した人材が非常に優れている証です。今後さらなる成長が予想されます」とEmerald Contact Centre社長ローザン・ミラー氏は述べました。

式典に参加したジョン・ハリガン訓練・技能・技術革新・研究開発担当国務大臣は、次のように述べました。「Emerald Contact Centreの新事務所の公式開所とウォーターフォードでの200人の新規雇用発表を光栄に思います。政府は、地域開発に全力を傾注し、すべての地域の雇用メリット確保に取り組んでいます。本日の発表は、南東部が投資家に多くの魅力をもたらす場所であることを改めて示しています。これらの高技能を要する熟練した複数言語の職種仕事は同社の成長を可能にします。ここウォーターフォードでの益々の発展に期待しています」

アイルランド政府産業開発庁地域振興部長デニス・カランは、次のように述べました。「本日の発表は、ウォーターフォードと南東部にこの上ないものです。Emerald Contact Centreは、4年前にウォーターフォードに設立されて以来、大きな進歩を遂げています。200人の新規雇用は、ウォーターフォードひいては南東部の地域経済に大きなメリットをもたらすでしょう。新規事務所の開設と新規雇用の創出はEmeraldによる地域への明確なコミットの現れであり、大いに歓迎するとともに同社の末永い繁栄を心から祈ります」

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先