Press Release 16 1 2019
  • 最高経営責任者アンドリュー・アナグノス氏、開所式にパット・ブリーン大臣とアイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官を招待

  • 開所式に続き、オートデスクは国内での技術とデザインの革新成果を一般展示するグローバルイベント「Design+Make」をダブリンで初開催

  • アイルランドの象徴的建造物の設計・建造にオートデスク社旗艦製品が採用された例は、ギネス・ストアハウス、アイルランド中央銀行、サミュエル・ベケット橋、ダブリンスパイアなど

  • オートデスク・ダブリン拠点方針:「2019年のオートデスクはダブリンのカルチャーを優先。開放的で刺激的な職場環境の構築」

2019年1月16日 – オートデスク社(NASDAQ: ADSK) は本日、ウィンドミル・レーン1 に同社の欧州・中東・アフリカ地域(EMEA)統括本部となる新規事務所を開設したことを発表しました。ダブリンに移転してほぼ1年の間に28国籍170人がアイルランドのオートデスクに入社し、財務、ローカライズ、営業をはじめとするオートデスクのEMEA業務を支援しています。

貿易・雇用・企業・EUデジタル単一市場・データ保護担当のパット・ブリーン大臣は次のように述べています。「オートデスクの新事務所開所式に参列できてうれしく思います。デザインソフトのグローバル大手である同社の存在は、幅広いデザインコミュニティへの大きな後押しとなります。本日の発表はソフトウェア部門におけるアイルランドの能力を映し出し、オートデスクがアイルランドでの事業拡大を支援できる技能と人材を我が国が提供できることを示しています」

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は次のように述べています。「オートデスクがダブリンをEMEA統括本部の拠点に選んだことで、アイルランドがソフトウェア部門の企業にとって有益な立地であるという国際的評価も高まります。オートデスクがアイルランドに魅力を感じたのは、豊富な技術人材を活用して急速に事業を拡大できる場所として、アイルランドの国際的な評判が高かったためです。このことは、同社がわずか一年間で170人の雇用を創出したことからも明らかです。アイルランド政府産業開発庁はダブリンのハイテクエコシステムに根を下ろそうとしている同社に今後も密接に協力してまいります」

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先