Press Release 01 8 2019

アマゾン社のアイルランド国内第2の風力発電所はコーク県に

アマゾン社は本日、アイルランド国内で2番目となる風力発電所設置場所をコーク県に決定したことを発表しました。アマゾン社の新規風力発電所は出力23.2メガワットの再生可能エネルギーを提供し、年間6万8000 MWh(メガワットアワー)のクリーンエネルギー発電量が見込まれます。 

アマゾン社はドニゴール県ミーンボグでの最初の風力発電計画を今年3月に発表しました。コーク風力発電所と米国バージニア州で同様に発表された同州第2の風力発電所は、他の拠点の発電所と同様に同社のアマゾンウェブサービス(AWS)データセンターにクリーンエネルギーを供給します。

アマゾン社の再生可能エネルギーへの投資は米国太陽光エネルギー産業協会(SEIA)の2018年度「Solar Means Business」報告書で評価され、2018年度の太陽光発電導入量では米国第1位、今日までの太陽光発電導入総量では第2位にランキングされました。グローバル規模でAmazonは51の屋上設置型太陽光発電を含む66の再生可能エネルギー計画を抱え、年間1,342 MWの再生可能エネルギー発電量と400万MWhのクリーンエネルギーの供給を想定しています。

本日のアイルランドでのさらなる再生可能エネルギー計画の知らせについて、アイルランド政府産業開発庁メアリー・バックリー専務理事は次のように述べています。「アマゾン社による第2の風力発電所開発はアイルランドの再生可能エネルギー目標を支援し、再生可能エネルギーインフラのグローバル拠点としてのアイルランドの地位を高めます。」

コーク風力発電所は今年着工し、2020年にはアイルランドの再生可能エネルギー発電への貢献を開始する予定です。

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先