Press Release 04 7 2018
中央左:レオ・バラッカー首相  中央右:AWSアイルランド カントリーマネージャー、マイク・ベアリー   右:アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官
中央左:レオ・バラッカー首相  中央右:AWSアイルランド カントリーマネージャー、マイク・ベアリー 右:アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官

アマゾン社は、今後2年間にアイルランド国内で1000人以上の正規雇用を創出すると発表しました。6月18日に総面積17万平方フィート(約1万5800㎡)のビルを開設したダブリン中心部に加え、ダブリン県北部、ブランチャーズタウンとタラにも高技能職が配置されます。アマゾンは2016年に発表した2年間で高技能職500人を増員するという計画を予定より9か月も早く達成しました。今回発表された1000人の新規雇用はその倍の人数になります。

募集職種には、現時点でソフトウェアエンジニア、ネットワーク開発エンジニア、データセンターエンジニア、ソリューションアーキテクト、システムエンジニア、光学開発エンジニア、セキュリティスペシャリスト、ビッグデータスペシャリスト、DevOpsエンジニアに加え、アマゾンやアマゾンウェブサービス(AWS)双方の幅広い技術管理職があります。この新規雇用により、アマゾンはソフトウェア工学、研究、カスタマーサービスの中核拠点であるアイルランドに増資します。

AWSアイルランドのカントリーマネージャー、マイク・ベアリー氏は次のように述べています。「現在、アイルランド国内のアマゾン社員は2500人を超え、アイルランド国内外の顧客をサポートしています。アイルランドは才能ある人材が豊富で、当社の人員増加目標も前倒しで達成できました。ビジネスに最適な立地、そしてクリエイティブな風土と多様な技術人材は、急速に事業を拡大する当社にとっては申し分のない場所と言えます」

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は次のように述べています。「アマゾンにはアイルランドでの長年にわたる成功体験があり、今回の発表はアイルランドが高技能で多様な労働力を提供し続けている証です。高技能な人材と投資は我が国の継続的な成長に必須ですが、アマゾンのような企業はそれ以上の活力、構想、技術革新と良質な雇用をアイルランドにもたらしています」

アイルランド政府産業開発庁日本代表 デレク・フィッツジェラルドは次のように述べています。「アマゾンの発表は、アイルランドがコンピューターと情報サービスの輸出の世界的な拠点であることを強調しています。アマゾンはGoogle、Paypal、AirBnB、Facebook、Twitter、Indeed(リクルート子会社)、トレンドマイクロといった、アイルランドで何千人もの人々を雇用し、EUおよび国際事業の拠点としている企業の1つとなりました。アイルランドは才能ある人材を提供できるだけではなく、35歳未満の若者が50%を占めているという点も企業を引き付ける要因です」

アマゾンとアイルランドの長い関係

2004年9月にアイルランド国内に最初の事務所を開設して以来、アマゾンはアイルランドへの投資を拡大し、2006年4月にコーク県にカスタマーサービスセンターを開設しました。同センターの総面積は現在4万7500平方フィート(約4,400㎡)を超え、教育デザイナーからサポート技術職、運用管理職、キャパシティプランナーまで幅広い職種で1000人以上を雇用しています。2007年11月にはアマゾンウェブサービス(AWS)が初のEU域内向け事業をアイルランドで立ち上げました。

現在、アイルランド国内のAWSチームは、アカウントマネージャーをはじめとする高技能の人員でチームを編成しており、リテール業務、カスタマーサービス、セラーサービス、デバイス、AWSなど、アマゾンの事業を支援する新技術の設計を担当しています。また、アイルランド国内の2500人を超えるアマゾン職員のうち1000人以上がデータセンター業務に携わっています。

新規雇用の創出に加え、アマゾンはタラ工科大学(ITT)と協力して、20人の学生がデータセンター技術者になるための研修をうけられる奨学金給付プログラムに出資しました。研修期間の間、生徒にはアイルランド国内のAWSデータセンターで有給の実務研修に申請する機会が与えられ、ここで修得した学業単位はITTのITマネジメント理学士号の単位に組み込まれ、同大学の全日制または生涯学習プログラムを通してプロレベルの技能の習得を可能にします。

AWSは、クラウド学習の推進に力を入れています。ITTのほかにも、AWSはAWS Educate および AWS Academy事業の一環として複数のアイルランドの大学と協力しています。AWS Educateでは、ダブリン工科大学、ダブリンシティ大学やリムリック大学等の高等教育機関を支援して生徒や教育者に無償で技術・研修リソースを提供します。

AWS Academyは、中等教育後の教育機関にサービスを提供し、AWSが開発し維持管理するエンドツーエンドの教育課程を提供します。AWS Academyの認定講師が1学期にわたって授業することを目的としています。タラ工科大学、ダブリン工科大学、コーク工科大学、リムリック工科大学、ウォーターフォード工科大学等はすべて、AWS Academyの参加教育機関です。

■アイルランド政府産業開発庁 (IDA Ireland) について
アイルランド政府産業開発庁は、アイルランドの産業開発、海外からの直接投資等を推進する目的で設立された政府機関です。日本事務所では、過去40年間にわたり、欧州への進出を検討されている日本企業向けに、立地や人材、税制、優遇措置など各種最新情報の提供のほか、現地視察、進出計画の立案から進出後のサポートまで幅広い支援を行っています。
過去のプレスリリースは、https://www.idaireland.jp/newsroom/ をご覧ください。

 

投資に関するお問い合わせ
アイルランド政府産業開発庁 日本事務所 
代表 デレク・フィッツジェラルド
東京都千代田区麹町2-10-7 アイルランドハウス2階
E-mail: idatokyo@ida.ie    ウェブサイト: https://www.idaireland.jp /Twitter: @IDA_TOKYO

プレスリリースに関するお問合せ
アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口 
株式会社トークス  森田、加藤
東京都千代田区九段南4-8-8 日本YWCA会館5F
Tel: 03-3261-7715 FAX: 03-3261-7174  E-mail: ida-ireland@pr-tocs.co.jp

お問い合わせ

連絡先

企業のニーズに積極的に、プロフェッショナル意識をもって全力で対応いたします。

連絡先