グローバルリーダー

アイルランドは、医療機器製品の世界をリードする企業が多数進出し一大産業クラスタを形成しています。医療機器と診断製品の輸出額はアイルランドの製品輸出総額の 8% を占めます。

  • 50%

    世界の救急病院人工呼吸器
  • 33%

    世界のコンタクトレンズ
  • 3000万人

    アイルランド製注入機器を使用する糖尿病患者数
  • 欧州第2位

    医療機器製品輸出国
  • 126億ユーロ

    医療機器の年間輸出総額

中核的拠点

アイルランドには 300 余りの医療技術系企業の緊密に結びついたクラスタがあり、産官学および臨床機関によって支えられています。一体化し進歩的なコミュニティにより、すでに多くの企業がアイルランドに複数の施設を持ち、事業を拡張しています。

人材

国民一人当たりの医療機器産業就業者数が欧州最大であるアイルランドには、経験豊富で高度な訓練を受けた技術系および管理職の人材が多数います。これらの人材は特に数学、電子、材料工学、科学の分野で卓越したスキルを持っています。

教育

アイルランドは、大卒者の質の高さで世界第 1 位にランク付けされています。医療機器産業部門は、アイルランドの 7 大学と 13 工科大学からの特殊技能を持つ大卒者の輩出により利益を得ています。産学間の密接な協力により、医療機器業界で移り変わる技能ニーズが常に満たされています。

実績

欧州第 2 位の医療機器輸出国として、アイルランドは世界上位 100 ヵ国( GDP 順)中 95 ヵ国に医療機器を供給しています。世界の糖尿病患者の 25% 以上がアイルランド製注入機器に依存しています。世界の救急病院の人工呼吸器の実に 50% がアイルランドで製造されているほか、コンタクトレンズの世界供給の 33% がアイルランド製です。

規制環境

アイルランドの模範的な規制環境は世界の医療機器企業の誘致に重要な役割を果たし続けています。規制機関は業界全体だけでなく個々の企業と密接に協力して規制遵守と円滑な起業を保証しています。

研究開発

アイルランドでは 5 ヵ所の臨床研究施設が患者中心の研究を支援しており、技術と構想の交流において世界第 1 位にランク付けされています。協力的な環境と政府の手厚い資金援助により、アイルランドの医療機器企業の実に 60% が研究開発活動に従事しています。

密接な協力体制

アイルランドの世界的に認知された医療機器産業部門の驚異的な成功を支える重要な原動力は、企業間の積極的な協業体制でした。企業の 25% 以上がシェアードサービスセンターを構築、世界トップクラスの運用と技術ソリューションを開発できるようにしています。また業界として AMBER 、チンダル国立研究所、 BDI SEAM APT をはじめとする主要な中核的学術研究拠点と密接に連携しています。